公益社団法人 神奈川県栄養士会
TOP Topics & News リンク
入会のご案内 会員用ログイン
身近なたべもの
研修会&イベント情報
栄養士会 概要
基本方針・事業内容
賛助会員名簿
機関紙 栄養かながわ
事業所案内・地図
栄養ケア・ステーション
外食アドバイス
ボランティア給食サポート募集
今月のヘルシーメニュー
神奈川工科大学の栄養生命科学科2年生が給食経営管理実習で作成したメニューの中から紹介します。
主菜は卵にスキムミルクを混ぜて脂質を控え、たんぱく質、カルシウムを多く摂取できるようにしました。あんかけには新たまねぎを使い、パプリカやチンゲン菜で彩りよくしています。副菜は切干大根とひじきを使って、さっぱりした酢の物に仕上げました。味噌汁には春キャベツを使用します。かぼちゃプリンはとても濃厚で、上に飾った小豆との食感の違いが楽しめます。

【主食】十六穀米ご飯 【主菜】卵焼きの彩り野菜あんかけ 【副菜】ひじきのさっぱり和え
【汁物】春キャベツの味噌汁 【デザート】かぼちゃプリン


今回は、柔らかくジューシーな鶏もも肉を使った献立です。肉料理の付け合せ野菜というイメージが強いクレソンを使った菜飯はぴりっとした辛みとさわやかな香りが、春の訪れを感じさせてくれることでしょう。鶏肉はレモンの酸味を生かした蒸し焼きに、野菜ジュースで作るラタトゥイユもたくさんの野菜を入れてヘルシーに!ゆっくりと春のランチを楽しんでみてはいかがでしょうか。

【主食】じゃこ入りクレソン菜飯 【主菜】鶏もも肉の蒸し焼き
【副菜】野菜ジュースでラタトゥイユ 【デザート】アボカド豆乳ゼリー


芽吹きも美しく花々もちらほら咲き出し、いよいよ春を楽しむ季節になりました。 こんな時期には戸外へ出かけ花見を楽しんでみませんか? ちょっと手をかけ豪華にお弁当を作ってみるのもたまには良いかもしれません。 糖尿病の方にもお勧めできるお弁当です。汁物はポットに入れて持っていけば暖かく飲めますね。 もちろん家の中からの花見も乙なものです。 

【献立】おにぎり、鶏ささみのゆずこしょう焼き、白身魚のくるみ揚げ、厚焼き卵、煮物、人参の浅漬け、蓮根とひじきの梅酢和え、鯛の潮汁、グレープフルーツ
エネルギー512 Kcal  たんぱく質 25.8 g


 今回のお料理はすべてにスキムミルクが使われております。スキムミルクは脂肪がほとんど含まれていないので牛乳と比較すると少ないエネルギーでタンパク質とカルシウムをとることが出来ます。
春は卒業式や入学式、お花見など人が集まる機会が多くなりますのでスキムミルクを使ったヘルシーなお料理を作ってみてはいかがでしょうか。

・エビマカロニグラタン ・チキンピカタ ・野菜と干し海老のチヂミ
・トマトとふわふわ卵のスープ ・ブラマンジェ オレンジソース 


今回は、脂肪も塩分も控えめなのにおいしい!と人気のスープカレーを紹介します。デザートをつけても1食あたり700キロカロリー以下と健康が気になる方にもおすすめのメニューです。また、副菜のサラダは切り干し大根を使用することで、不足しがちな鉄分・カルシウム・食物繊維を補うことができます。

【主食】ごはん 【主菜】スープカレー
【副菜】切干大根のサラダ 【デザート】いちご&フルーツゼリー


春は、新生活になる方も多くストレスの多い時期ですね。
毎食、「主食・主菜・副菜」をそろえて栄養バランスを整えましょう。主菜は、豚肉でビタミンB1、玉ねぎ、大根おろしでビタミンCとジアスターゼが摂れます。心身の疲れがとれ、胃の消化も助けます。他にビタミンCの損失率の少ないじゃがいもと緑黄色野菜の代表格のほうれんそうのレシピも紹介します。野菜は1日に350g以上摂りましょう。

【主食】ご飯 【主菜】豚薄切り肉となめこの炒め煮
【副菜】ちくわぶとジャガイモの煮物、ほうれんそうの海苔和え


春キャベツは軟らかいので、高齢者や小さいお子さんでも食べやすく、たっぷりと食べられます。鶏ささみは高たんぱく質、低エネルギーですが淡泊な味なので、合わせだれにラー油を使うとパンチの効いた味になります。赤唐辛子などの香辛料を使うと塩分が少なめでもおいしく食べられます。

【主食】ご飯 【主菜】ひき肉とキャベツの重ね煮
【副菜】トマトとささみのピリ辛サラダ、しらたきと野菜のきんぴら
| TOP | Topic & News | リンク | 入会のご案内 | 職域事業部及び県民活動事業部のご案内 | 研修会&イベント情報 |
| 栄養士会 概要 | 基本方針・事業内容 | 賛助会員名簿 | 機関紙 栄養かながわ | 事務所案内・地図 | 個人情報保護に関する方針 |
Copyright (C) kanagawaeiyoushikai All Rights Reserved.